1. SEO対策
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首都直下地震<地震7>

バナー
やばいやばいやばい!!東京が、あの大東京が・・・
古い建物は震度7強の地震と、それに匹敵する余震で崩れ落ち、
幹線道路のいたるところで車が衝突、炎上。
その火が建物に移り、乾燥した北風が残酷な炎を振り回して進む。

湾岸エリアは液状化現象が建物が傾いた。
地下鉄は水没。地上の電車も脱線衝突で大惨事に・・・
逃げ惑う人々に余震が降らせるガラスが襲い掛かる。
寒さが、寒さが人々の体力を奪う。僕らは、僕らはどうなってしまうのか?

首都直下地震〈震度7〉

何気なく読んだこの本。僕は東京の惨状に愕然とした。
仲間が住むあの街や、友達が勤めるあのオフィス街も、大変な状況に。
人事ではない。自分の街東京が舞台なだけにリアリティが、キツイ。

阪神大震災。
あの時、何が起こったのか?僕らは伝え聞いたに過ぎないんだ。
だから、きちんと想像ができていなかった。

僕らアウトドアが好きな人間って何となく生きていけそう!って思ってない?
この本見て大きく自信が揺らいだ。。。
そもそも、備えがあっても、備えたモノの傍にいるとは限らない。
外出先で災害に遭ったら(働いている人はそうなる確率は高いと思う)どうする?

テントを張っても、燃えた車からの飛び火が心配。
冬だったらこの寒さで何処まで耐えられるのか?
そう、家族も守らなくてはならない。お年寄りや子供もね。

東京の人へ。この本読んでみてください。人事じゃないよ。
学者が唱える危険地帯で何が起こるのか。その時何ができるのか?
気持ちの準備と、物的準備の参考書にもなります。

水や食料、テントや寝袋はいつでも持ち出せるように。
本当に来るのか首都直下地震。僕は備えたい。あなたは?

本当に地震は怖い。皆さんは備えできていますか?
十分な準備ができていない人はココをクリック!
明日ランキングが上がると東京はヤバイ。 

バナー2
スポンサーサイト




このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/01/31 22:27】 | #[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 フォーエックススタイル(アウトドア), All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。